枕崎から知覧へ移動する道なりは、一面茶畑が広がっていました!
車の窓を開けて走らせたらお茶の葉の緑のいい香りが。
ドライブするだけで、癒されました。





知覧特攻平和会館】方面に車を走らせて行くと 等間隔に灯篭が並んでました。
緑のトンネルと灯篭が何とも言えない雰囲気でした。

DSC00968_convert_20150912142833.jpg

灯篭は、ここだけじゃなく、知覧の町道路の両端に等間隔に長く並び続けてました。

DSC00981_convert_20150912152329.jpg

知覧特攻平和会館】は、前から行きたいところでした。
ようやく来れた!という感じがします。

平和会館に展示されてた家族への手紙、途中、胸が詰まって見れなくなりました。
長男と同じくらいの青年たちが どんな想いでここから飛び立って逝かれたのか。
と思うと・・・。
でも、目をそむけちゃいけないんです。
彼らがいきた証しを知っておかないといけないんです。
いまを生きている私たちは、同じ事を絶対に繰り返してはいけないんだから。
そう強く思いながら しっかりと、目におさめてきました。

実際に自分の目で見て、耳で聞いて、手で触れて、感じて、だと全然違いますね。

戦後70年の節目に 家族みんなで ここへ来れてよかったです。

思いはきっとそれぞれの胸の中に。







DSC00994_convert_20150912152627.jpg

知覧武家屋敷】へ移動しました。

お屋敷や庭園は見学しなかったのですが、武家屋敷通りを少しお散歩しました。

DSC01004_convert_20150912153148.jpg

駐車場から武家屋敷への道なりなんですが、きれいに手入れされてました。

ゆっくり のんびりと お散歩することが出来る私たちは、本当に幸せですね。
平和だな・・・って。つくづく。しみじみ。

穏やかな時間を過ごせました。






続きを読む
スポンサーサイト

枕崎お魚センターの【ぶえん】さんでお昼ご飯を堪能した後は、
歴史や文化に触れる観光を。。。

南端に突き出た岬に火之神公園があるそうなので【立神岩】近くまで車を走らせました。
車を停めて見に行きましたょ。

DSC00962_convert_20150912090604.jpg
 
立神岩】は、高さ42メートルあるそうです。
天を指し示しているような形に見えました。

長男、立神岩がよく見える近くの方まで走って行ったらしいのですが、
戻ってくる途中、岩を飛んで着地失敗し、
なんと!?
肩を負傷・・・。💧

擦り傷と打ち身。(涙目)
「あいたたた」
「平らなところで転んでよかったわ。」
「落ちなくてホンマによかったわ。」
「落ちてたら簡単にあがってこれんし、死んでたかも」と、興奮してる長男かなり冗舌。
崖の岩場だったので、こけどころが悪かったら本当に落ちてました。(冷や汗)
アブナイ アブナイ 
そそくさに車に戻って応急手当。

コンバースの靴裏がすべりやすいってことを忘れてました。(;^ω^)
靴裏がすべらない丈夫なくつを準備しましょう。

この後、【平和祈念展望台】に行こうと思ってたのですが、
さすがにこの傷で動くのは痛そうなのでやめました。
平和祈念展望台】は、戦艦大和の沈没地点から北側約200kmに位置する
小高い丘にあるそうです。

実は、枕崎お魚センターで、
長男、戦艦大和の湯のみを。
次男、戦艦大和の帽子を。
お土産に購入しました。
大和つながりで行きたかったのですが・・・。
残念でした。

DSC01206_convert_20150912092742.jpg
多分、この湯呑と帽子・・・広島の呉市の【大和ミュージアム】で
同じの売ってるんじゃないのかな。
何も枕崎で手に入れんでも。。。
本人たちが気に入ったみたいなので、いいですよね。

美味しい痛い枕崎を後に 知覧へ移動しました。
次なる目的地は【知覧特攻平和会館】です。

次回につづく。。。

お昼ご飯は枕崎で〔ぶえんかつお〕を食べたかったので
福岡を朝6時半に出発しました。

車旅行のお楽しみのひとつは パーキングでの休憩〜♪
まずは、【基山】のフードコーナーでうどんを食べなくっちゃ。
[つつじ庵]さんのおうどん・・・結構あなどれないんですょ。
麺がモチモチしていて美味しいんです。



休憩入れて 4時間半くらい走ったら
枕崎に到着〜!
かつおが食べられるところは?
どこどこ?
「実は、食べるところ下調べしてないんだよね。」ボソッと旦那。
「え〜〜〜!?」しる(汗)
「港の方に行ったら何かあるんじゃない?」冷静な長男。
「・・・zzz・・・」次男熟睡中。

🚐・・・

枕崎お魚センター】の看板を見つけました〜!
港方面に車を走らせると・・・

ありました〜!
お店も開いてました〜!
1階は鮮魚店などのお店屋さんが何軒か入っていて、
2階は展望レストランが 営業されてました〜!

ちょうど、入ってすぐのお店で、イベントっぽくかつおのわら焼き体験コーナーをされてました。
自分で焼いたかつおのたたきを安価に食べることが出来るそうなので 
「俺やる〜」次男が体験!

DSC00919_convert_20150906145559.jpg

わらは火がつくと一気に燃え、燃え尽きるのが意外と早くて。
火が消沈しては、わらを追加して、火をつけて の繰り返し。
お店のお兄さんがとっても面白い方で(笑)
盛り上げてくださいました。

DSC00934_convert_20150906141820.jpg

その合間にかつおをひっくり返して焼いて。
焼き上がったら氷水で冷やして出来上がり。

DSC00939_convert_20150906142416.jpg

次男が焼いたかつおのたたきをお店の中でいただきました。
オニオンスライスと小口ネギが添えてあり、
旦那と長男はお醤油で、
私と次男はポン酢でいただきました♪
お店お薦めのわさびオイルをかけて食べてみましたょ。
気に入ってしまったので はい。お土産に購入。v(⌒ー⌒*)

DSC00942_convert_20150906143950.jpg

前菜を?満喫した後は、2階のレストラン〔ぶえん〕さんで
メインディッシュの〔ぶえんかつお〕のお刺身と〔枕崎船人めし〕を。

これがまた 美味しいのなんの!
想像を絶する感動でした!

DSC00944_convert_20150906144204.jpg

ぶえんかつお〕のお刺身は 家族みんな初めてご対面。

まずは見た目の色にビックリです。
一瞬マグロ?とも思える程の赤身。

腹皮の部位がなんとも言えない歯ごたえ!
背身部位はあっさりしてて。
いくらでも食べられそう。
噛むと口の中で無くなっていく感じ?
のみ込むときの のどの通り具合が!
もぉ〜たまりません!!
箸が止まらな〜い!!!

DSC00946_convert_20150906144309.jpg

枕崎船人めし〕は、これもまた!感動もんでした。
美味しさが3度 楽しめるんです!

「まず、最初にかつおのおだしを飲んでみてくださいね。」とお店の人から説明されましたので
一口ゴクリ、飲んでみました。
「おおお〜!」
「なんじゃ〜これは?」
「美味〜っ!」(笑)

かつおのイイ香りが!何ともたまりません。
削りたてのかつおぶしを使っているからなんでしょうかね。
本当にイイおだし出てて美味しかったです!
・・・この段階でこの感動ですから。

次に 海鮮丼を1/3食べて・・・っと、
「次男〜ストップ!スト〜ップ!」
気がついたらすでに半分以上食べきっており?(爆)
全部食べきってしまいそうな勢いでかっ食らってました。(苦笑)
大人な(笑)3人は、ゆっくり味わいながら「美味し〜。」(>▽<*)

残りの2/3?いえ、1/2?は、かつおのだし汁をかけてだし茶漬けに。
「はは〜。参りました。」<(_ _)>
「御馳走様でした。」
もぉ〜最高〜です。美味過ぎです💘

おかわりしたいくらいでした。
地元の人は、呑んだ後とかの〆に食べたくなるでしょうね。

大満足の食事の余韻を残したまま、
「次はどこに行く?」長男
「何食べる?」次男(ってまだ食べるんかいっ💧)

南端に突き出た岬に火之神公園があるそうなので、立神岩を見に行くことに。

次回につづく。。。


今年の夏は、家族みんな それぞれ 忙しくて、
家族全員揃って どこかへ旅行なんてことは…
もぉ難しいんだろうな…。
と、半分あきらめてました。

でも!
2日間だけ みんなが揃う日が 出来たんです。

旦那が、前から「枕崎のかつおが食べたい」と言っていたので。
行き先は、鹿児島に決定!
そうと決まったら即、行動。

行ってきました〜!!
鹿児島〜!!!

宿を予約したのは 出発の2日前。
しるきゃむ家は基本 くいだおれ旅行なので、
宿にこだわりはあんまりなくて、素泊まりでOK。
ただ、源泉掛け流しの天然温泉付きのお宿にしました。
行きたいところは下調べなしの行き当たりばったり。
でも、意外と何とかなるもので 無駄のないルートを通り、
食事もほとんどはずれなし〜!
やや食べ過ぎてしまいましたが、美味しかったですぅ。

1泊2日でしたが、大満足の家族旅行になりました。

どんな旅行になったのか? 

次回に続く。。。



瀬戸内海の島に母方の故郷があります。。。

祖父母の墓参りの時に 農道から写真を撮っていたのですが、
今週21日から全国ロードショーされる『ももへの手紙』の映画のポスターを見て
びっくりしました?!


momoletter_wp_sp_convert_20120417095828.jpg


同じ場所の絵だったんですょ。

偶然にも ガードレールをバックに撮った写真が(母、次男、長男の順で)
ポスターの実写版みたいで 思わず 笑ってしまいました。

私がももで あとのメンバーは妖怪?!ってこと?(笑)


この映画観なくては・・・ね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。